It's my life! 石垣島

石垣島 ショアからのルアーでマングローブジャック・ロウニンアジ・タマン狙い 時々オフショアでマグロ 希に内地でバス

タグ: 東海大学沖縄地域研究センター

今月は友人が何組も訪ねて来てくれる
今週は大学時代の同期家族が来島
母校である東海大学の研究所へ遊びに行って来た。
DSC_9012
本校の考古学チームが多数来て発掘中の為か集落内は人の手が入って
少し綺麗に
DSC_9024

DSC_9016
あの頃と変わらず美しい海
DSC_9002
DSC_9011
DSC_9018
あの頃白い砂しかなかった桟橋前の水路も
IMG_9366
今やサンゴがそこらじゅうに群生し
IMG_9381
魚たちでいっぱい
IMG_9363
IMG_9369
ここで学生時代の一部を過ごせたことを本当に幸せだと思う
DSC_9023

お久しぶりです。
しばらくの間、島を出たり入ったり
久しぶりの更新です。

ここ数日は西表へ
IMG_7079
途中、久々に母校の網取研究所へ行ってきました。
IMG_7089
いつ来ても懐かしい^^
IMG_7103
今回は学生も滞在してたので、宿舎の中も見せてもらいました。
IMG_7091
懐かしの玄関
IMG_7099
中に入るのは10年ぶりくらいかな・・・
中に入ってすぐ
夜になると学生たちが10円玉を山ほど握りしめ
順番待ちをした電話ボックス
今や網取も携帯が通じるようになり
現在は物置に
IMG_7095
タコ部屋状態だった寝室
img005
ベット数が減り、ずいぶん広くなったなぁ
IMG_7092
皆でくつろいでた畳スペース
img010
畳もなくなってた。
IMG_7093
シャワールーム
IMG_7094
みんなでワイワイガヤガヤ騒いでた食堂
食堂-1
こっちも棚などがなくなり、殺風景に。
IMG_7096
夜中にラーメンを作った厨房
IMG_7097
いやぁ、懐かしい、あの頃の思い出がよみがえる^^
IMG_7104
そして、今回もっとも驚いたのは桟橋前の水路
入ってすぐにギンガハゼ
IMG_7122
これは昔から居たのかも^^;
驚愕はこの後
オニヒトデに殲滅され
その後の回復後も白化で壊滅したサンゴ
真っ白な砂地に瓦礫が転がってただけだったその海底には
IMG_7124
みごとにサンゴがよみがえり
IMG_7140
あの頃戸には想像すらできなかった美しい景観を取り戻していた。
IMG_7159
やっぱ網取はいいねぇ^^


今日は西表の研究所時代の先輩が来島。
沖縄出身で広島の県職員のこのオッサン、
まぁ適当でええ加減ではあるが
何があっても前向きで愚痴を言わない。
普通の人なら許されない事も
このオッサンなら許されてしまうという天性の何かを持つ。
この人の適当で前向き、愚痴を言わない性格は周りを楽しくさせる。
俺の人生に多大な影響を与えた一人だ。

そんなオジサンは10年前、俺の結婚式に出席
その数週間後、泥酔して国道2号をチャリンコでフラフラしているところを
後ろから来た車に豪快に跳ね飛ばされた。
何日も集中治療室で生死の間をさまよい
なんとか意識を取り戻したが体に大きな麻痺が残った。

このオッサンの凄いとこはココからで
普通のリハビリといものは一生懸命に治そうというイメージなのに対し
見舞いに行ったときに聞かされる話は
どうやってリハビリを楽にし
そしていかにサボろうかという作戦会議・・・
あんた・・・そりゃぁ閻魔大王もあの世に来るなって言うよ・・・

そんなオッサンも2年のリハビリを経て職場復帰。
心を入れ替えて真面目に働くよう広島で言いつけて分かれてから7年。
久々の再会^^
昨夜、予定にはなかったが
急きょ母校の網取研究所へ行くことに。

学生のころと同じように
白浜からボートをチャーターし
陸の孤島、網取へ向かう
内離との瀬戸を抜けると船浮が見える。
DSC_4181
米蔵さんは連休で忙しく来れなかったが
代わりの船長とグラスボートを回してくれた。
船浮に近づくと海底にはサンゴの森
IMG_5400
サンゴの森を見ながらゴリラ岩と軍艦岩を超えると
DSC_4182
懐かしの網取の研究所が見えた
DSC_4184
二十数年前、期待と不安を胸にたどり着いた南の果て
DSC_4194
俺の人生を変えた場所。久々の夏の網取^^
DSC_4214
海岸線は大きく変わり
研究棟
桟橋も
DSC_4216
スロープなくなったけど
網取桟橋
湾奥方向に続く景色はあの頃のまま
DSC_4217
桟橋は夕食後のたまり場だった。
img046
研究所施設内では
太陽熱温水器が太陽光パネルに
DSC_4199
研究棟
DSC_4200
発電棟
DSC_4223
毎朝ミーティングに通った道。
DSC_4211

DSC_4201
今はトタンのこの日陰
DSC_4202
以前はコンクリートでとても涼しかった。
img045
宿舎前のウインドサーフィン置き場はカヌー置き場に
DSC_4195
今は誰もいない学生達の宿舎
DSC_4196
ここで何度もバーベキューしたなぁ・・・
img044
卒業後、何度も遊びに行ったY先生の居住施設も今は森に帰りつつある。
DSC_4225
Y家滞在日数1位と2位の二人^^
IMG_5401
Y先生お世話になりました^^;
Kさん宅前も今は護岸
DSC_4203
水牛のダイを散歩したフクギ並木
img038

DSC_4205
毎朝、歯を磨きながら洗面所の勝手口前から見た空
DSC_4208
じっと見上げると、あの頃聞こえた鳥や虫の鳴き声
朝の森の臭いまでよみがえってくる。

常駐者が居なくなった休日の誰もいない研究所。
みんなの荷物や食料を運んだ荷車(コレ、何代目かなぁ・・・)がポツンと佇んでいる。
DSC_4213
自分の人生はここでの生活がきっかけで大きく変わった。
ここに来なかった事を考えるとゾッとする・・・
そんな場所に出逢えたことは本当に幸せだと思う。
次に来るとき
プレートの向こう側の自分はどんな人生を送ってるだろうか・・・
DSC_4221
これからも悔いの無い人生を送ろう^^!

今日は久しぶりに西表に上陸
朝一便のジェット船に乗り陸路を走り
西表の西の果て白浜へ
IMG_2733
ここ数年ですっかり立派になった白浜港を出発し
IMG_2731
内離、船浮を抜け懐かしの母校がある網取を通過
IMG_2738
目的地の崎山湾に到着。
ここに来るのは20年ぶりだ。
IMG_2742
海はベタ凪
IMG_2766
石垣とは違いサンゴも元気だ
IMG_2761
午前の調査を終えると、潮待ちのため思い出の場所へ
相変わらず美しいヨナ曽根の水路を抜け
IMG_2769
ゴリラ岩に背を向け、
IMG_2812
網取湾の中ほどへ進むと、学生時代、卒業研究のため8か月を過ごした
懐かしの母校、東海大学網取研究所(現:東海大学沖縄地域研究センター)がある。
ここには陸路は無い、全くの陸の孤島だ。
IMG_2772
船長は学生時代と同じ、昔は海の暴走族、今は船浮のやんちゃオジィ(池田卓の父ちゃん)。
昔と同じようにように餌木投げてる^^「イカ、釣れなくなったなぁ・・・」
IMG_2776

桟橋からの眺めは昔のまま。
この美しい景色を眺めながら学生時代の多感な時期を過ごせたことは人生の宝だ。
IMG_2777
現在は浸食が進み護岸されてしまった研究所の海岸
IMG_2780
20年前はこんな感じで
研究棟前
こんな感じ
前浜左ネガ
廃村になった網取村の小学校の校舎を再利用した研究棟
IMG_2782
研究棟と宿舎をつなぐ道(現在)
IMG_2799

img018
8か月を過ごした宿舎
IMG_2783
現在は常駐者が殆ど居ないせいか
昔と比べるとずいぶん寂びれたなぁ・・・
(俺、若^^;)
img036
水牛のダイを散歩したフクギ並木も
img038
やっぱ荒れちゃったなぁ・・・
IMG_2800
この道を奥に進むと
学生総出で大掃除した貯水槽
img039
人がいないと寂しげ
IMG_2804
海岸へ出ると遠く南の島から流れてきたヤシの実
IMG_2790
ユシキ離とハト離。
IMG_2792
ここの夕陽は綺麗だったなぁ・・・
鳩離夕日1
冬の晴れ間、このビーチに足跡を付けたのは・・・
俺と
IMG_2794
イリオモテヤマネコだけでした。
IMG_2789

このページのトップヘ