It's my life! 石垣島

石垣島 ショアからのルアーでマングローブジャック・ロウニンアジ・タマン狙い 時々オフショアでマグロ 希に内地でバス

タグ: トランクス500HG

島に来て干支が一周以上
令和元年、ほぼ最終形態に至った感がある俺のショアタックル
( 2013年までのタックルは⇒コチラ )

ショアから立ち込みスタイルの場合
ロッドは長い方が良い。
遠浅の海でフルキャストした時
ルアーと立ち位置を結んだ底辺両端と
立てたロッドの頂点を結んだ直角三角形
その鋭角が、鈍角になればなるほど、
途中の根に触れるリスクが減るし、
仮に根に張り付かれた場合や根掛かり時でも
回避&回収率は高い。
また、150lbの極太リーダーをレベルワインド手前までとすると、
二ヒロ以上とれる10ft以上のロッドがベスト。
これまでのエースロッド
ZENAQのDEFI BAHN AKAME DB-B98 は
100lbリーダーで1oz前後のルアーを多様するスタイルではベストだったが
敗北する場面も多く、パワー不足を感じていた。
今シーズンから導入のRunner Exeed 105BHH Nano/Bait Model
GTこそ掛けては無いが、パワー負け感は皆無(体力的負けは別^^;)
DEFI BAHNでは1本も獲れなかった難攻不落ポイントも攻略
IMG_2137-1_01
この攻略を可能にした他の要因が
リール:TRANX-500HG
推定20kgのツカエイを獲った時
カルカッタ&PEの不安を感じチェンジ
_20190607_182059
パワーに関して
キハダの10〜20kgクラスではなんの不安もないため、
ショアからのターゲットに対しても不安ない(GTを覗いて)
IMG_0445
パワー以上にトランクスを採用した理由は
一巻き1mオーバーのハイギア
ジャックやミーバイはちょっと油断すれば
30cmそこそこでも一気に根に入られる。
フルキャストして痩せたスプールでも
ヒットした瞬間に一気に根から離す必要がある為、
巻き取りスピードは早ければ早いほうが良い。

更に80lbという極太ナイロンを巻いても
巻き癖が付きにくい大口径スプール。

メインナイロン80lbだが

釣り場で一番面倒なのが
リーダーを組むこと

千載一遇のチャンスを逃さない為
どんなに極太のリーダーを組んでも
傷が入ったら組み直さなければならない。
その煩わしさから逃れるためと
ラインがスプールに食い込んで切れる不安を解消するため
思いついた全身リーダー仕様

すぐに瞬殺されたため
結局リーダー150lbを組んだが
極太ナイロン同士なので
電車結びでOK
これで小物でリーダーを傷つけられたときでも
ストレス無く交換できる。

今のところ、この形に落ち着いてからは
敗北は無い
あとは突如現れるGTにどこまで対処出来るか...

※フルドラグファイトの場合
TRANX-500HGのドラグは約11kg
コレにメイン80lb、リーダー150lbが加わった時
根掛かりでも切るのは至難の業
個人差もあると思うが
シーバスアングラーがやっているような
腰まで立ち込んでの釣りは
南国の暴力的パワーフィッシュ相手では
自殺行為!
ロッドを離さなければ
確実に引きずり込まれます!
俺の場合、フルドラグで踏ん張れるのは
Max膝下
GTが来たときの安全を考えると
膝下10cmがMAXです。

ここんとこなんやかんやで釣りに行けず・・・
限界値Max!
夕飯食って海岸放浪
夜は見えないからイマイチ好きじゃないが
昼間は深場の陰に潜んでいるロクマルモンスター
スーパージャックがシャローにエサを求めて俳諧する。
その証拠に
夜の打ち込み釣りでは、化け物みたいなスーパージャックが
高確率で上がっている。
5年前、唯一のロクマルジャックを獲ったのも
ナイトゲームだ。

ただ、周りの波や地形状況が把握出来ないので
昼間のように立ち込むのは危険すぎる。
夜行性のサメも怖い・・・
と言うことで、夜はいつも長靴。安全第一^^!

最初のポイントに到着後、先ずは状況観察。
星空の下、昇りたての月明かりでキラキラ輝く水面
平和じゃ^^;
暫くすると、ベイトフィッシュ達がザワめきはじめ
所々でボイルが始まるが、捕食音イマイチ・・・。
取りあえず、いつものようにビッグママ投入
ジョボンッ!・ジョボンッ!・ジョボンッ!
ジョボンッ!・ジョボンッ!・ジョボンッ!
ベイトを蹴散らすように激しいアクション後のポーズ


ユラ〜


・・・


ボッシュッ!

・・・


やっぱ小さい・・・


しかもピンぼけ^^;

IMG_2217_01
続いて水面直下をウェイキーブーで誘う
ヨッタ・カラ〜ン・ヨッタ・カラ〜ン
ヨッタ・カラ〜ン・ヨッタ・カラ〜ン

ゴンッ!

ちょいマシな引き込みだがすぐに力尽き・・・
ミーバイ30cmちょい^^;

IMG_2218
これじゃ昼間と変わらんがな・・・。


そうこうしてる間に潮が下がっていく
次で最後じゃな。
急いで次のポイントへ移動

昼間だったら絶対釣れないであろう、丸見え激浅シャロー。

月明かりに照らされ、
キラキラと輝く海
その彼方の暗闇で激しい捕食音が連発。
居る。
ビッグママをフルキャストするが
ルアーに驚いた無数のベイトフィッシュが逃げ惑うだけ。
数投無反応の後、パニクったベイトフィッシュに誘われたのか
デカジャックらしきボイルが射程距離に入った。

うりゃーーーーーー!

1投目



・・・



無反応



2投目



・・・


また無反応


回収後
たったいま通した場所で
激しいボイル!

すかさず3投目

うぉりゃーーーー!




ジュボンッ!



ユラ〜


・・・


ジョボンッ!・カラロ〜ン・ジョボンッ!・カラロ〜ン
ジョボンッ!・カラロ〜ン・ジョボンッ!・カラロ〜ン


ユラ〜



ジョボンッ!・カラロ〜ン・ジョボンッ!・カラロ〜ン
ジョボンッ!・カラロ〜ン・ジョボンッ!・カラロ〜ン



ユラ〜



ジョボンッ!ジョボンッ!ジョボンッ!
ドバシャーーーーン!

月明かりに輝く水面大爆発
度胆を抜くスーパーバイト!


ドスンッ!


この重量感・・・


やったった!



そしてお決まりの


ンギュギュギュギューーー!


んんんんーーーーん!
ロッドを立てファーストダッシュに耐える。
障害物は皆無
逃げ場を失った魚は
大きく弧を描くように浅い方へと突っ走る。

限界の水深まで行ったあと急反転しながら
水面に顔を出し、激しく頭を振る
ゴボボボボーーーン!

一気にゴリ巻きに入るが
最後まで重量級の抵抗を続ける魚

ゴボボボボーーーン!

手前数メートル
姿が見えた!

ジャックだ!
ビッグママはほぼ口の中

そして抜き上げ


ド〜ン!



IMG_2223_01
150mmのビッグママをガッツリ咥えこんだジャック




デカい・・・






IMG_2225_01

今シーズン最大にして
歴代2位
マングローブジャック(ゴマフエダイ)58cm^^v

久々に痺れたぜ^^

使用タックル
ロッド:Runner Exeed 105BHH Nano / Bait model
リール:トランクス500HG
ライン:ナイロン80lb
リーダー:150lb
ルアー:シャワーブローズ ビッグママ

今夕は北部に遠征
日没前の短時間勝負
雰囲気はいい
まずはトップから攻めるが…
見事なまでの

ノー・バイト!

嫌な感じ…
ちょっと付近の様子をうかがう

・・・

・・・

よく見ると1カ所だけ水のヨレが・・・
更に観察していると
なんか居る感じ。
再び攻め始めるが

・・・

やっぱりノーバイト・・・
最後に手にしたのは錦ルアー
1投目・・・
2投目・・・
3投目
ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ
ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ
カンッ!
来た!タマン特有の前当たりだ
ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ・ヨッタ
カンッ!
再び前当たり
タマンに間違いない
ヨッタ・ヨッタ・・・
ガンッ!
よっしゃのったー!
んギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!
暴力的なファーストランをフルドラグで耐える!
んんんんんん〜!
止まった瞬間に渾身の巻き上げ!
んギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!
んギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!
痺れるような引き込みに耐え
なんとか射程内寸前
一番手前の根に張り付かれた。
テンションを掛けた状態で立ち位置を変える
んんん
ギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!
クリア!
姿が見えた!
ズボボボボボ〜ン!
ズボボボボボ〜ン!
頭を水面から出してルアーを振り払おうとするタマン
そして・・・
_20190927_145155

タマン 65cm
メチャメチャ引いた^^
錦ルアー、正にタマンキラー!

_20190927_144742

夕方時間が出来たので海へ
潮は良い感じに満ちている。
いつものようにトップから攻めるが
明らかに小物系バイトばかり・・・
早々に見切って一発
ガーラのスクーリングポイントに移動
が・・・そんなに甘くない
一通り攻めた後、元に戻って
再度攻める
ルアーはビッグママ
うりゃぁぁ〜〜!
ジョボンッ!
風波を切り裂くように強めのアクションで攻める
ジュポッ・カロロ〜ン・ジュポッ・カロロ〜ン
ジュポッ・カロロ〜ン・ジュポッ・カロロ〜ン
ジュポッ・カロロ〜ン・ジュポッ・カロロ〜ン

・・・

ユラ〜

ジュポッ・カロロ〜ン・・・

パッカァ〜ン!!

ガーラ特有の乾いたバイト音

んギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!

根に突っ込まれないように
フルドラグのガチンコファイト!
んギュギュギュギュギュギュギュギュ〜!
暴力的な引き込みで何度ものされそうになるのを耐える
ズズズッ・・・
手前の根に擦れてるのをなんとかクリア
姿が見えた!
・・・
・・・
ええ〜!?
この引きでこのサイズ?
更に寄せる
・・・
・・・
フックが頭に掛かっとるし・・・
こりゃ引くわな^^
_20190926_142216
ガーラ 62cm 意外とデカかった^^
_20190926_155246

_20190926_142443

今月は台風その他で海に行けず・・・。
やっと着水^^;
いつものようにトップから

・・・

・・・

気持ちいいほど

ノー

バイト・・・

続いて困ったときの錦ルアー
うりゃぁ〜〜〜!
逆風を貫いてかっ飛んでいく
ジョボンッ!
ヨッタ・ヨッタ
ヨッタ・ヨッタ

・・・

ドンッ!
ガシガシガシッ!
突然現れた魚影
ロッドを立てた状態でヒットさせたので
ロッドのパワーでルアーを咥えた状態のまま
自由を奪われ
怒り狂って顔を振りまくってる。
数秒の綱引き状態後
一気に巻き寄せ
上がってきたのは
IMG_2158
アーラミーバイ(ヤイトハタ)53cm
パワーは同サイズのバスの数倍^^

このページのトップヘ