It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

カテゴリ : 釣り具

本日沖縄県、やっと梅雨入りしました。
石垣島は午後から曇り空
北風に代わってちょい涼しい^^

先日、島の変態釣り師の会合 in 錦で
お土産用?錦ルアーに即バイト^^
IMG_8894
顔はシーサー
IMG_8895
背中に錦
IMG_8896
お腹には石垣島
IMG_8899
試作段階からバスには使えそうと思ってたが
試しにジャック狙ってみた^^
今日は風が強く水面バチャバチャ
トップでは深みから突き上げてくる
バイトをミスる可能性大なので
錦ルアーで水面直下を狙う
サイズの割に重量があるので
風に関係なく飛んでく^^
動きはヌメヌメしたウェイクベイトって感じ。
波の中をヨタヨタと泳がせる。
その数投目
うりゃーーー!
バシャン!
ピョコタン・ピョコタン・ピョコタン・ピョ・・・
ガンッ!
うぉーーー!

釣れた^^
根の反対側でヒットしたが
フルドラグのカルカッタでゴリ巻き回収
40アップのまぁまぁサイズ^^
IMG_8892
このルアー、見た目はナメてますが良く出来てます。
この動き、内地でバスに使ってみたい^^
そしてなんといっても圧倒的な飛距離
このてのルアーでは一番じゃないかなぁ。
塗装もジャックが腹のフックに、ガッツリいってるのに
無傷^^
色は他にも黒や
IMG_8898
青なんかもあるんで
石垣に釣りに来られた際は記念に是非^^

当初は島の南海上を軽く素通りする予報だった台風6号
まさかの島直撃!石垣島の市街地はスッポリ眼の中へ
勢力的にはそよ風クラスだったが
数分感の沈黙の後の吹き返しはなかなかのものでした^^
11164825_789580221123794_2977568205751527199_n
で、話は変わりますが
シマノがSVSインフィニティシステムを出してから
コレが発売されたら買おうと思ってたリール
Newカルカッタコンクエスト400
錦に注文したらすぐに取り寄せてくれた。
大将、毎度お世話になります^^
IMG_8811
このまま高塩分濃度のこっちの海で使うのは怖いので
まずは・・・
分解!
スタードラグバネ、なんか渋い^^
ていうか、ほぼノーグリスじゃし・・・
IMG_8816
メインギアも淡水ならコレで十分でしょうがね・・・
IMG_8817
ココはあまりにも無防備^^;
IMG_8820
一番気になるメインギア軸受け部のベアリングはさすがにOK^^
IMG_8819
飛距離や回転のスムーズさは多少落ちるが
電蝕しそうな箇所すべてに
べっとりグリス塗りたくって
いざ実投!
初めて使うSVSインフィニティ
普通のSVS勝手が違いちと戸惑ったが
慣れれば苦じゃない^^
飛距離に関してはビッグシューターの1割以上増しってとこかな?
便利なのがダイヤルで微調整できること
強い向かい風や横風を受けるときは
明らかにビッグシュータより飛ぶ^^
で、魚の方はというと・・・
明らかにビッグジャックと思われる
ド派手バイトを逃し、その後もなぜかフッキングに失敗・・・
最後に取り出したのが
前回謎のキバ系怪魚に持って行かれた
男のクランクベイト^^;
うおりゃーーーー!
ダッパーン!
ぐりぐりぐりぐりぐりーーーーー!
ガツンッ!

マジか!?
来ちゃったよ^^
残念ながら怪獣クラスではなかったが
ガーラ 40アップ^^
IMG_8858
一軍登録決定^^!
で、Newカルカッタコンクエスト400の総評だが
飛距離や使いかっては申し分ない。
スプールが軽いのか
軽めのルアーを軽めのブレーキ設定でフルキャストした時も
バックラッシュを起こしにくく、飛距離を稼ぎやすく
大きいスプールの弱点を補っている。
欲を言えばもう10cm巻取りスピードが速ければねえ・・・。
あと1つだけメンテナンス面で不満が・・・
せっかくエスケープハッチなのに
構造上の問題なのかスプールを取り出すのに
ドライバーでブレーキユニットを外ないといけない・・・
毎回、塩抜き洗浄して乾かすのにコレはちと不便だ。
あとは怪獣クラスにどこまで対応可能かじゃな^^

昨年秋以降、ビッグシューターではパワー負する場面が少なからずあった・・・
もうちょいパワーのあるリールが欲しい・・・
そこでコツコツ・・・いや、ブクブクと潜りながら小金を貯め
今年はアメリカ版を2台購入してみた^^
IMG_8122
まずはこの夏から導入した USシマノ TRANX-500HG
ネットでポチポチと情報集めをしてて偶然たどり着いたこの動画

まさに一目惚れ^^
Bassで多用していたスコーピオンのビッグバージョン^^!
もはや骨董品のスコーピオン2000と比較するとかなりのゴツさ^^;
1545677_641611829253968_6437344745810089457_n
使用感だがスプールが重いので軽いルアーは
フルキャスト時にバックラッシュに注意しないといけないが
Aプロップなど軽くて抵抗のあるあるスイッシャー系でも
割と抵抗感なく扱える。
他にマリアのフラペンやアイマのkomomo90などの小さなルアーも一応投げているが
1oz以下のルアーはビッグシューターの方が飛距離も出るしトラブルも少ない
当たり前か^^;
そんな飛距離を犠牲にしてまで
このリールを選んだ理由はなんといっても
Maxドラグ11.3kgというパワーと
最大巻取り量109cmというハイギア!
今まで躊躇していたような
スーパーシャローのデインジャーゾーンへのロングアプローチでも
思い切ってキャストし魚を引き出すことが出来た^^
IMG_7484
糸巻き量もシマノのOCEA EX8 PE 5号を300m巻けるので
マグロにも使っている。
パヤオで重めのルアーを投げたときの延びは最高^^!
残念ながらマグロのデカいのはすべてバラしてしまったので
レベルワインドが怪獣クラスのパワーにどこまで対応できるかは分からないが
メータークラスのシイラなら余裕のゴリ巻き^^
IMG_7857
ただ、パヤオ使用後に分解してみてビックリしたのだが
IMG_7990
ベイトで最も塩害にやられやすいであろう
メインギア軸受部のベアリングが
ほぼノーグリス状態・・・・
すでにベアリングがチョイ錆びてた・・・。
ここは日本一塩害のひどい海
日本のメーカーだからって安心してはいけません^^;

そして最近導入したのが
USダイワ Lexa 400HS-P
IMG_8139
トランクスより、ボディが薄め
重量も100g程軽い
Maxドラグ11kgと巻取り95cmで性能はトランクスとほぼ同等だが
糸巻き量が少ない(トランクスと比べて)
あくまでも個人の好みの問題だが
昔からダイワのリール特にベイトキャスティングリールのデザインは
個人的に好きではない・・・というか
なんかダサい感があるので買ったことがなかったが
値段がトランクスの半値で
パヤオでのライト使用とショアでも気軽に使える大型リール、
トランクスの予備的感覚で購入
まだ、そこまで使い込んでは無いが
やっぱダイワ・・・イマイチ・・・
飛距離や巻き上げ感に全く不満はないが
バンタムで育った俺には
マグネットブレーキ調整ダイヤルのツマミ部が無く回し辛い・・・
IMG_8137
ブレーキ力も磁石を半減させたAVETと比較してもかなりユルユル・・・
特に逆風時は最強でもユルく感じ、メカニカルブレーキメインで調整・・・
スプールを外す時もブレーキダイヤル中心のネジを
イチイチ回してカップを外さないといけない・・・
そしてやっぱダイワ、ダサい・・・と思ったのがネジ系・・・
因みに去年初めて買ったダイワのリール
キャタリナLD30SHはネジに緩み止め(シマノでは当たり前)が塗って無かった為
パヤオでの釣行中に突然巻取りが出来なくなり
帰って分解してみると逆回転ストッパーを固定するネジが振動で緩み、
レバードラグを締めると殆ど余裕のないスプールと干渉し
巻取りが出来なくなっていた・・・。
1547954_556198634461955_719226089_o
そんなこんなでレクサももちろん緩み止めは皆無
おまけにハンドル固定ナットが普通じゃない・・・
分解するのにいきなり特殊工具要るし・・・。
IMG_8125
トランクスとともに安心購入できた輸入釣り具のメリケンタックルさんが
購入時にわざわざ工具の品番を教えてくれたので、すぐに注文できて助かったが、
なにも知らずに購入してたら・・・。
因みに、ナット緩み止めを固定してるネジも溝がメッチャ細く
マイナスドライバーが入りずらかったが
コレも前記の特殊工具を使用した方が良い。
さて、ハンドルが取れたら次はボディ
さすがにこのネジは?
四点のうち、上二つは普通のプラスもマイナスもイケるやつで
IMG_8127
下がいきなりプラスオンリー・・・
コレじゃ分解のたびにナメそうで気ぃ使う・・・
IMG_8128
そしてもう一点は両方イケるが極小・・・
IMG_8129
なんと通常ドライバー1本で分解できるところを
ドライバー3本必要!
メンドくさ〜^^;

そして中もメインギア軸受を固定するネジ2点がこれまた・・・
IMG_8050
上と下で違うし・・・
IMG_8048
設計にセンス無さすぎ・・・。
軸受部のベアリングはトランクス同様ほぼグリスレス・・・
ていうか全般的にグリスレス・・・
IMG_8054
すでにちょっと錆びてます^^;IMG_8053
洗浄後グリスアップして組み込んだらメッチャシルキーに^^!
IMG_8055
そんなこんなでメンテがちょっぴり面倒くさく、
突っ込みどころ満載のレクサだが
コスパ的には
大変良くできてたリールです^^!
ネジ統一した方が製造コストも下がりそうなもんだが
大人の事情があるのでしょう^^
以上、今年初めて挑戦した逆輸入品のお話でした。

昨夜はで島釣人の忘年会
1487255_549194768495675_1004198734_n
一部で白いバイオマスターの話で盛り上がった。
そこで、今日は7年前、島に来てからのタックル経歴を振り返ってみる。
当初は波打ち際から、ただただ当てもなく投げ続ける釣り。
タックルはフェンウィックにスコーピオン。
IMG_6037
ラインは1000m1000円の漁師用ナイロン4号直結
DSCN1434
今では完全に無視するであろう、波打ち際の小物ライズに誘惑され
スピニングタックルにちょくちょく変更。
ロッドはこの2本。両方とも20年以上前のバスロッド
バスメイトというショップのオリジナル。
IMG_6042
左側のロッドが主に軽量ルアー用
元々学生時代の悪友が所有していたものだが
一緒に河口湖に行ったとき、
俺がドアで挟んでバット部分を折ってしまい
新品を買って弁償したのだが、そのままじゃ悔しいので
バット部分に別のブランクを差し込み、
ビニテでぐるぐる巻きにして復活させた^^
IMG_6040
長さは7.6ftだが島の北部で釣りしてる時に
足元を歩いてたモクズガニを獲ろうと
竿先でつついてたら、ティップをチョキン!
以来、7.4ftに^^;
ガイドはSICじゃなくハードロイ
PE使うとキュルキュル音がします。
石垣の塩分濃度に耐えきれずリングの外枠が切れてしまったため
瞬間接着剤で止めてあるが、寿命ですな^^;
IMG_6045
リールは話題となった白いバイオマスター
IMG_6033
こいつは15年以上前、当時スピニングリールを持っていなかった自分に
小学時代からの釣友が使わないからやると言われ、貰ったモノ
ライン巻っぱで数年熟成させてあったのでスプールが・・・^^;
IMG_6034
そして、右側のロッド
IMG_6042
これは大学時代の別の友人がバスメイトの徳永兼三氏に頂いたものをなぜかくれた^^
主にエギングとタチウオ用に使っていた。
IMG_6043
リールはタチウオ用にバイオマスター3000
これはちゃんと買いました^^
内地にいる時に白いバイオマスターがいつ壊れても良いように
予備として数年寝かせておいたものを島に来て開封
IMG_6035
そしてエギング用はツインパワー2500
これは内地でメバルやアジを釣るのに買っていたもの
人生で唯一の万越えスピニング^^
IMG_6032
以上、超ナメたスピニングタックルでした^^
2年前まではこのタックルで細々と釣りをしていたのだが
30cm越えのメッキや
DSCN1525
イケガツオごときでヒーヒー言わされるのが悔しくて
P3230002
昨年から15年以上ぶりにニュータックルを買い揃え
再びベイトタックルへ
まずはワールドシャウラ1704R-2
IMG_6046
タックルリニューアル後いきなりのコイツ
IMG_4792
ショアからの最大魚。いまだコレを超えられず・・・。
ラインは今では考えられないナイロン5号直結。
たまたま何にもない砂浜で掛けたので獲れた^^;
その後リールも新調し
カルカッタコンクエスト200DC
ラインはPE2号〜3号
リーダー45lb
IMG_6036
ちなみにリーダー45lbはすぐに獲れない魚があらわれ60lbまで一気に太くなり
ガイドが小さいワールドシャウラではちと不安になる・・・。
更に、Bassではロングロッドの7ftだが海、特にショアからだと短い・・・。
あと少しの距離が届かない・・・。
そこで新たに導入したのが
ZENAQ DEFI BAHN AKAME
IMG_6047
この竿もデビュー線でいきなり
IMG_4831
現在のアベレージサイズだがこの頃は丁寧に時間をかけて上げてたな^^;
以来ロッドはこの2本を近距離撃ちはワールドシャウラ、それ以外はDEFI BAHN と使い分け
比率で言うと1:9、ほぼDEFI BAHN

一方リールだが
カルカッタDC、一応S-ARBの海水仕様なのだが
毎回、水洗い、乾燥、注油を行っても
DCのみについているスプール内側のメッキされた薄い円筒形の部品がすぐに錆びる・・・
買って半年で2回、クレームで新品交換となった・・・
おそらく、釣りしてる最中に電蝕を起こしてると思われる・・・。
DCは軽いルアーや抵抗の大きなルアーを逆風でキャストするときなど便利だが
いつも、錆を気にして釣りするのも嫌なので
現在はほぼ引退し・・・淡水でのテラピア用に^^;

そこで導入したのがDCの1/3の値段の
ABUのビッグシューター
IMG_6038
コレは値段が安く気を使わないし、遠心ブレーキも釣り場で細かく調節可能。
一巻87cmというハイギアで早いアクションを付ける時など便利
IMG_5514
飛距離も抜群で現在のエース^^

もう一台は
Newカルカッタ400
IMG_6039
内部の機関が今までと変わり、塩害に強い仕組みになって
DCみたく気を使わない。
剛性感は抜群で、50UPのジャックやタマンを根から引きずり出す時の安心感がたまらん^^
IMG_4278
ただ、このリール、SVSなのに、調節をドライバーで本体をいちいち分解しないといけないという
SVSの意味が全くない・・・
10g〜40gという幅広い範囲のルアーを使うのにはちと難が・・・。
そんななので、コイツを使う時はメカニカルブレーキを駆使して
昔のABUのような釣りしてます^^;

以上、俺のタックル 海編でした。

海ならスピニングの方がラインも替えスプールですぐに交換できるし
ステラやソルティガなどの最近のスピニングの性能や
ロッドのバリエーションの多さを考えると
やっぱスピニングなんだろうけど
ルアー始めたきっかけがねぇ・・・

ルアー始めたきっかけ!
そりゃぁ、ルアー以上にベイトタックルが使いたかったから!
子供の頃見た、釣りキチ三平が使ってたベイトタックル
キャスプロ5000VのCM・・・
ありゃぁ衝撃的じゃった^^

ということで、昨夜も変態扱いされながら
錦で新たなリールの発注をしたのでした^^;

このページのトップヘ