It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

カテゴリ : 釣り具

島に引っ越して12年目
期間限定の島と内地の二重生活
久々に好きなバスをフルシーズン追っかけてみた。
といってもフルで一日中釣りができたのは琵琶湖だけ。あとは夕方やお昼時の1〜2時間、投げたルアーは1.5oz以上という完全一発狙いの釣りに徹した。
その結果、獲ったバスはたったの24本…

がしかし
50アップが15本で全体の6割
55アップが7本で全体の3割
因みに8割が45アップで
40を切ったのは2本だけという、予想を遥かに上回る釣果。
これまでもゴーマル二桁のシーズンは何度かあったが、なんせトップで1日50本とか釣れた時代、釣ったバスも年間数百。
今年の確率は桁違い。
もちろん毎回釣れる訳もなくノーバイトの日も多々あった。
まさに0か100かの釣り。

今シーズン、ゴーマルを仕留めたルアーは
下記の5つ
この他に一軍登録は
ギガンタレル、ジョイクロマグナム、ダウズスイマー、チビタレルなどを多用した。DSC_1931
まずガンタレル
こいつは琵琶湖で58、52と大活躍したが、地元では専らサーチベイト的役割となった。
琵琶湖以外でも何度かゴーマルをヒットさせたが、オカッパリでは回収間際の足元バイトも多く、バラシ、フッキングミス多発…。

このガンタレルやギガンタレル、ジョイクロマグナムでデカバスの回遊地点を把握し、アベンタで拾ったのが今年のパターン。

ガンタレルは全身ハードなので、尻尾が変型する心配がいらないのと、他のビッグベイトと比べて圧倒的に安く手に入るのがいい。

そして、今年最も多くのデカバスを仕留めたアベンタクローラーだが、確かに良く飛ぶし、釣れる。

が、なんせ高い…
そんで、高いくせに作りが
弱いんじゃ〜!!
ノーマルアベンタは釣リ上げた魚がちょっとのたうっただけで、羽根のバランスが崩れ、調整繰り返すうちにヒートンの緩みが酷くなり、しょっちゅう回り止め材が必要…。
時間限定の釣りでヒートンが緩みだすと
キャスト毎に調整しないといけないので、
マジでイライラする。
ホンマイライラする。
DSC_1943
ラインアイやフックアイも細軸なので、ちょっとぶつけただけで、つぶれたり曲がったり…。
ボディがデカいんだからそれなりの太さにして欲しいね。
それに比べ、メガベンタは羽根まわりやアイも頑丈で水押し感は最高。
が、塗装が初期のズイール並に弱い…。
コレってメッキ系だからか?
10本も釣らないうちに半裸…。
ボディはいいとして、メンタマは残って欲しかった。
DSC_1932
因みに反対側ももうすぐって感じ…
DSC_1944
まあ、コイツひとりで55アップ6本も釣らせて貰ったからね。
名誉の勲章としよう。
アベンタの最もいいところは、小バスや中途半端なサイズがほぼ出ないし、たとえバイトしてもフッキングしないということ。

最後はギルウチワ
元々こういうパタパタ系は大好物
ギッターグリッターやシマノバグリーの名前忘れた(^^;
コイツら野池では無敵!
ただ、飛ばないのと、もう売ってないので、障害物まわりを本気で攻めるには…。
あと、小さい…。
DSC_1945
そんなんで、釣具屋でぶら下がってるコイツ見つけて、即バイト(^^;
今多用してるルアーの中では小さいが、上の2名と比べると
DSC_1946
親子ですな(^^)
パッケージの裏には小難しい事いろいろ書いてあるが、完全無視(* ̄∇ ̄)

俺的には水面をバジングがお気に入り。
欠点は小バスバイトが多いことと、
重量あるゆえに、ぶつけたときに打ち所が悪いと割れる…。
_20181219_010021
コイツも割れ目から水没したため、現在水抜作業中…。

以上、今年活躍したバスプラグ達でした。

昨夜は島の釣り具屋居酒屋、
毎月強制、変態釣り師のモアイ
俺たち以外にも変態フィッシングガイドのYくん
もっと変態船長Oくんも来てて、かなり濃い店内
そんな中、俺のブログを見てカルコン300を注文した人が居るよって
大将が言うので、
心優しい僕は、そのまま使ったら間違いなく中、錆びるよ!って教えてあげたところ、
(悪魔の囁きともいう)
ちょうど居合わせた本人からグリスアップお願いします!って話になり
酔った勢いで請け負ったのがコレ
IMG_0542
400と比べるとスプール小っちゃ^^
IMG_0541
まぁ、幅が狭い分、レベルワインドの干渉が少ないんで
飛距離は300の方が出るだろうな。
で、さっそく分解・・・
って、なんじゃこのバリは!
IMG_0526
ハンドル固定のナットの中もオイルで流し洗いしてみると
IMG_0529
こりゃ酷い・・・
これじゃ最初っからが入っとるんと一緒じゃ・・・。
今まで結構な数のリールバラしたけど、こんなの初めて。
新品でコレはないよね・・・。
と最初から度肝を抜かれたが、本題の中身
やっぱ、グリス少な^^!
IMG_0534
そして、こっちの濃い海水と湿気で最もやられるところ
メインギア軸受けのベアリング
IMG_0535
IMG_0536
このまま投入したら
100%腐食じゃな・・・。
クラッチカム部も無防備すぎる・・・
IMG_0539
外から注油できるにしてもやっぱ心配なレベルじゃ
IMG_0540
ということで、気になるところにグリス注入して
対八重山海水仕様完了。
まぁこれでも半年から1年ってとこかなぁ・・・。
組み立て後、ふと思ったのだが
ノーマルで一年使用後
どこまで腐食するか見てみたかったかも^^

 

キャタリナLDの逆回転ストッパーを止めるネジ。
13528165_1008990345849446_4589892263292991726_o
購入当初から、ほんの少しの緩みなんかですぐにスプールに干渉して、
ドラグを絞められなくなるというトラブルが度々あったのだが
13558847_1008990635849417_1315409530438599518_o
春の外洋航海時に全く使い物にならなくり
原因であろうネジを交換すべく、錦に注文。
この度、ネジが届いたので、分解して比べてみたら・・・
左が新品、右が元々のネジ・・・
13584986_1008990542516093_1649072978546930087_o
ピッチも

長さも

ヘッドの大きさも・・・

って、全く別物やんけ!


組み込んだ感じ、たぶん治ったが、

これ、リコールもんじゃろ!

やっぱダイワ嫌い・・・。

ハイサイ!
3か月以上放置、久々の更新です^^;
もう辞めようと思ってましたが
SNSをやってない、ごくごく親しい知人、友人から、
ちょくちょく更新しないの?っていう連絡受けてまして^^
取りあえず、今日から再スタート!
これまでの事も徐々に補充していきます。
あっ、あと、タックル等の質問はいくらでもお答えしますが
「今度石垣行くから」、「金出すから」、釣りの案内してくれ。
みたいな
お前誰やねん!的なのには
誰が苦労して開発したポイントを赤の他人に教えるか!ボケ!的に
一切応じないんで悪しからず。

それでは本題!
こっちも2年ぶり!
Depthsで久々のパヤオ(浮漁礁)へ行ってきました。
狙いはキハダの30kgクラス。
出港前の情報によると、状況は悪いがデカいのは出ているということなので
期待を胸に出港。
まずはトップで攻めると、すぐに食べごろのカツオがヒットするが
その後はメジ系がポツポツ当たる程度で、想像以上に厳しい・・・
そうこうしているうちに、後ろで一人投げていたriseくんに21kgがヒット!

俄然、やる気になるが、その後は全くと言っていいほど出ない・・・。

お昼頃、何個目かのパヤオへ行くとすでに漁船がたくさん入っており
トップをあきらめ一人ジギングに切り替える。
その一流し目
100mほどジグを落とし込んだ時だった
シャーーーーーーーー!
フォールで食ったマグロにフッキングを加えた直後
ありえない勢いで、PE5号、400mが残り数十mのところまで一気に走られる。
瞬間を見ていた船長コバちゃんが
「獲るよー!絶対獲るよーー!」
とこちらも物凄い勢いで罵声を浴びせてくる^^;
ポンピングを開始してすぐにマグロは手前に走り出し
今度は慌てて巻に掛かるが、ラインをほぼ出し尽くして身やせしたスプールでは
イライラするほど追いつかない・・・
巻いてる右腕も全く追いつかない・・・
その後ろから再び
「巻いて!巻いて!今巻き取っとかないと!早く早く!」
再びコバちゃんの罵声^^;
手前への突進が終わると、恐ろしいほどの重量感が伝わってくる。
人生初のギンバルを装着
リールはジガーLD4000
ハイギアでは殆ど巻き取れないので
ここからはすべてローギア
IMG_0482
 全体重をかけポンピングIMG_0486
走るのを必死で止め
IMG_0484
 またポンピング
IMG_0485
少しでも体力温存
IMG_0488
一度50m付近まで寄せるが
マグロが妙に水面近くに上がってきた
「もう一回行くよー!気を付けてー!」
というコバ船長の罵声のあと
今度はゆっくりだが、まるで牛が引っ張ってるんじゃないかと思うほど
ジリジリ・ジリジリ・・・
ジリジリジリ・・・
止まらない・・・
ジリジリジリジリ・・・

オイオイ、どこまで行くんや・・・
強烈な重量感で再び300m引きずり出される
IMG_0487
 このジリジリを耐えてる瞬間が一番つらい><
 コーラでカロリー補給して再度ポンピング開始
IMG_0490
 巻いては出され、巻いては出され
再び50mまで寄せることができた!
40m、30m・・・
またジリジリ・・・

ここから地獄の50〜30を行ったり来たり
Reef SkaterのO城くんが冷やかして気を紛らわせてくれ^^
IMG_0493
コバ船長も上からじっと目を凝らす
IMG_0494
 格闘時間は1時間半、ヒットしたポイントから5km以上流れている
すでに左腕の間隔は殆どなく
右手もほぼ同様
強烈なジリジリを繰り返され
ロッドが持っていかれそうになるのを必死で耐える
IMG_0495
あと少し!あと少し!と自分に言い聞かせ、
再度浮き上がらせようとした瞬間だった・・・
フッ・・・

・・・

マジかぁぁぁぁぁーーーーー! 

・・・

終わった・・・

リーダーの継ぎ目、またはオーシャンスナップが伸びたと思ったが
システムはすべて無傷
アシストフックに僅かな肉片・・・
痛恨の身切れ・・・
時間をかけすぎた・・・
船床に転がるジグを見つめ
暫く放心状態・・・
IMG_0496
両手にはマメ
IMG_0497
IMG_0498
左手は麻痺し、中指が完全に痺れて感覚がない・・・
かろうじて右腕は動くが
満身創痍
放心から我に返った俺にコバちゃんが一言
「お疲れ様でした。欲しかったですね、ハッキリ姿は見えなかったんでどちらとも言えないけど
50kgとか70kgとかじゃなくその上のクラス、
いわゆるジャンボってやつ、3桁クラスのキハダかそれに近いクロでしたよ。」
逃がした獲物は大きすぎた・・・

使用タックル
ロッド:ZENAQ FOKEET FB53-8
リール:ジガー4000LD
ライン:OCEA EX8 PE5号 400m
リーダー:サンラインシステムショックリーダーナイロン100lb
アシストリーダー:ガリスイソハンター330lb
アシストフック:セリオラikスタイル♯5/0
スイベル:オーシャンスナップ8BB
ルアー:CBナガマサ280g 

気が付けば・・・
もう・・・
3月・・・
まだ、釣り行ってない・・・。
まずはカルカッタを
ジャックのファーストダッシュに負けないように
中身と外見をチョイ改造
題してカルカッタコンクエスト400HG-P for JACK ^^
IMG_0184
改造したら一気にテンションあがったんで
そのままテストを兼ねて海へ
水は思ったより温い
まずはペンシルから

おりゃーーー!
ジョボン!
ユラ〜
ジョボンッ!ジョボンッ!ジョボンッ!
ジョボンッ!ジョボ・・・
バッシュッ!
くう・・・のらず><
続けてアクションすると再びアタック!
またもやのらず><
そして3度目ものらず・・・
食うの下手過ぎ><
そして4度・・・5度・・・
ルアーは回収寸前
ジャックの姿も見える
最後はそのまま八の字ごのポーズ
・・・
パコン!
のった^^
今年一発目は痩せこけたチビジャック^^;
IMG_0189
続いて攻めていくと先程と同じパターン
目の前までアタックし続け
小さい魚体が見えたんでそのまま回収しようとした瞬間
ボッシュッ!
ちょっとだけ大きい^^;
IMG_0190
その後も面白いように釣れつづけるが
IMG_0195
サイズがイマイチ・・・
少しポイントを移動
ここはいつも出そうで出ないポイント
ちょっと危険な場所だがチューンしたリールを試すには丁度いい
気合を入れて
おりゃーーーー!
ルアーは追い風に乗って50m以上先のポイントへ着水
ジョボンッ!ジョボンッ!ジョボンッ!
ジョボンッ!ジョボンッ!ジョボンッ!
ユラ〜・・・
ジョボンッ!ジョボンッ!ジョ・・・
ドゥバシャーーーン!
激しい水しぶきを上げて一気にルアーをひったくるジャック
根に突っ込む前に一気に巻きあげる
ズズ・・・
ズズズ・・・
最初の根はクリアできたものの
次のもっと浅い根に突っ込まれた・・・
魚はまだ付いている
テンションを軽く加えて待つ
ズ・・・
ズズズ・・・
ググググググーーー!

よっしゃクリア!
そこからは一気に勝負
100lbのリーダーをボロボロにして上がってきたのは
ビッグジャック53cm^^v
IMG_0191
後ろのフック皮一枚^^;
IMG_0192
今年は幸先いいスタートじゃ^^

このページのトップヘ