現場が早く終わったんで海へ
開始早々、2バイトあるも、魚が小さいらしくフッキングせず・・・
三度目の正直でなんとか40アップ_20190607_204847
潮もいい感じになってきたので
一発狙いでニンジャグライダー投入
その数投目だった・・・
ズンッ!
・・・
・・・
モワンッ・・・
水面下のビッグベイトに真下からバイトし
少しもたついた後で一気に下へ!
・・・
ジッ・・・
ジジジジジジジジジーーー!
凄まじい勢いで突っ走る!
親指ドラグをかけ
竿尻を腹に当て
ロッドのパワーで止めにかかるが
それでも走り続ける。
あのバイトはGTじゃない。
サメか?
PE3号
タカ切れ覚悟
渾身の力でなんとかファーストランをしのぎ
一気にリフティング
そしてセカンドラン
これも止めて寄せに入るが
今度は強烈なトルクで抵抗
サメならとっくにへばっても良いはず。
限界まで張り詰めたラインが風に鳴き
キーーーンッ・・・とい金属音を奏でる。
それにしても重い!
クソ重い!
マジで重い!
油断すると強烈なトルクでまた走る。
こちらに向いた瞬間、一気に寄せにかかる。
射程内に入った!
強烈な西陽で水面下は見えないが
一瞬細長い尾びれの先が見えた!
ジジジッ・・・
ジジジジジジジジジジジジ
今度はゆっくりとラインを引き出していく
なんじゃこの馬力は・・・
さっきのはサメの尾びれか?
リーダーが見えた!
・・・
・・・
もう、姿が見えても良い距離だが
全く見えない・・・
ルアーが水面から現れた!
乱反射で全く見えない・・・
顔を見ようとするが
得体の知れぬそいつは
海底にでもへばり付いてるかのように重い
細い尾びれが何度も水面を叩く・・・
そして・・・
なんじゃこりゃーーーー!
_20190607_182059
ツカエイ・・・
幅がメーターオーバー・・・
推定20kg・・・
両腕パンパン・・・
帰ろ・・・
帰宅後に気付く
よう折れんかったな^^;
STX-58 #1 
DSC_2140


ロッド:RunnerExceed 105BHH Nano
リール:カルコン400
ライン:PE3号
リーダー:ナイロン100lb
ルアー:ニンジャグライダー