昨夜は旧暦、閏9月13日、171年ぶりの「後の十三夜」だったそうです。
八重山では十三夜の月が最も美しいとされ
「月ぬ美しゃ」という民謡にも歌われています。
DSC_7880
太陽が水平線の向こうへ朝を告げる頃
DSC_7885
東の空には早くも月が
DSC_7878
ゆっくりと明るさを増すお月さん
DSC_7900
辺りがすっかり闇に包まれると
少し欠けてる名月が
DSC_7926
島を照らしはじめました。
DSC_7942