今日の石垣はどんより。

時折、陽が差すものの雨もパラパラ・・・。

3年前、貨客船飛龍から見た空も同じだった。



2006年10月25日

島用に購入した新しい相棒「エブリィ」に

詰め込めるだけ荷物を積んで広島を出発。

一路、大阪へ。



10月26日0:50、南港から飛竜21に乗り込み



那覇へ向け出港



遠くにWTC(ワールドトレードセンター)ビルが見えた。。

20代前半、このビルの鉄骨を呉の鉄鋼会社から搬送する仕事を

請け負ってた頃を、ふと思い出す。

あの頃は毎日が退屈で単調な日々だった。



同日の夕方、高校の修学旅行で訪れた種子島・屋久島を通過。

屋久島に沈む夕陽が幻想的だった。



10月27日、8:00那覇、泊港に到着。

貨物載せ替えの為、一旦船を降ろされる。

次の出港は20:00。

コザの照屋正雄さんの店へ引越し記念の三線を買いに行く。



正雄さんあの時教わった「チョンチョンキジムナー」

なんとか轢きながら歌えるようになりましたよ。

10月28日早朝。平良港(宮古島)に到着。

ここで飛龍21を下船。

ここでは西表の研究所時代の知人に10数年ぶりに再会。

釣り連れてってもらう。



その日の夕方、伊良部へ渡る。



10月29日はのんびり観光。

下地の訓練飛行場に



通り池



400年前の大津波で海から打ちあがった津波石。



伊良部港



島を出る頃には海が時化てきた。



10月30日。宮古・東平安名崎。



海はけっこう時化てた。



それにしてもSな川さんは相変わらず。



KGワラさんはちょっと大人になってた。

そして、10月31日早朝、平良港から飛龍に乗り込む。

広島を出て1週間。石垣へ到着!



あれから3年。あっという間だった。

飛龍・飛龍21は有村海運の倒産で姿を消したが

夢は消えない。

史上最高の癒し系プチリゾート(小っちゃい民宿)着工は目前!

これからが本番!

草刈しなきゃ!