昨日、同じ職場の22歳のしぇいねんと作業をしながら
あんな事したい、こんな事したい・・・みたいな話をしていたとき
しぇいねんが一言、「ま、しょせん夢ですけどね(どうせ叶いません的)」

・・・

ぬぁ〜にぃ〜!
俺「アホゥ!夢は寝てみるもんじゃないんじゃ!叶えるもんじゃ!」

・・・

俺「あ、俺、今メチャメチャカッコええ事言った?言った?」
  「俺って、カッコええ〜?」
  「ねぇ、かっこええ?」
自己陶酔状態のバカオヤジ・・・
しぇいねん「その一言が無ければ・・・たぶん・・・カッコよかったっす・・・」
かなり引き気味・・・

21歳のとき、大学の卒業研究で初めて訪れた八重山
8ヶ月の西表での研究所生活は人生を大きく変えた。

昼間は研究や施設の補修、そして昼寝

魚が食べたくなったら自分で釣り

夕食後、燃えるような夕日を眺め

桟橋でバカな仲間達とビールを飲みながら何でもない話に花を咲かせ

酔って寝転がると満天の星空をいくつもの流れ星が流れる・・・
あんな生活がずっと続いたら・・・
いつかまた、皆でバカやりたい・・・
そこで時間を過ごした学生なら誰もが思う事。
しかし、実際に再びここを訪れる卒業生はほんのわずか・・・
「休みが無い・・・」
「金が無い・・・」
皆、主にこの二つを来れない理由にし、諦め、自分を納得させる・・・。
俺にとってラッキーだったのは、同じ広島在住の一人の先輩との出逢い。
その人は卒業後も年に2〜3回必ず訪れていた。
一見、脳天気でスーパーポジティブなその先輩を見てて悟った事は
「来れん理由を考えるんじゃなく、来れる方法をなんとか考える!」
夢も同じ!
「出来ん理由を考えるより、出来る方法をなんとか考える!」
時は流れ、当時バカなしぇいねんだった仲間達も
今では殆どが子持ちのええオッサンにオバハン・・・
すでにこの世に居ない仲間も・・・
人生の引退後でもいい、あの頃の仲間達が再び集まって
あの頃と同じようにバカになれる。
ついでに他の人ものんびりとバカになれる
そんな空間を造りたい!

毎日好きな海を眺め、自然を間近に感じながら暮らしたい!

見知らぬ国を旅したい!

そんな夢の第一歩!
2010年、史上最高の癒し系プチリゾート(ちっちゃい民宿)をオープンする!
って何度も何度も公言し、自分を追い込む。
もぉ、夢は叶えるしかない!^^;