It's my life! 石垣島

石垣島 ショアからのルアーでマングローブジャック・ロウニンアジ・タマン狙い 時々オフショアでマグロ 希に内地でバス

2013年06月

今日は旧暦5月4日
ユッカヌヒー
DSC_2750
島に夏を呼ぶ祭り
海神祭(ハーリー)
DSC_2752
我が家は海人の多く住む地区にあるので
今朝は早朝(ほぼ深夜)から
銅鑼の音で強制的に起こされる・・・
ハーリー(爬龍船競争)は午前中繰り広げられるが
すべてを見るにはそれなりの対策と根性がいる。

何故って?

暑いから!

対策もせず根性も無い自分は
お目当ての転覆ハーリーに合わせて会場入り。
やっぱ暑い!
DSC_2748
パイーグルくん・・・
今日は日当5万円以上もらってください。
DSC_2604
子供たちが羨ましい・・・
DSC_2630
和気あいあいの一般団体戦が終わりに近づくと
DSC_2608
海人(ウミンチュ)たちに緊張間が漂い始める
DSC_2610
現場では頼りない青年も今日は引き締まってるぜ!
DSC_2611
そして、いよいよ転覆ハーリー。
DSC_2613
緊張の瞬間
DSC_2620
スタート!
DSC_2622
行けー!
DSC_2627
まずは往復1kmをひたすら競い
必死のターン
DSC_2632
うまく曲がった!
DSC_2635
そして2往復目の途中
DSC_2636
転覆開始!
DSC_2637

DSC_2638

DSC_2639

DSC_2641
完全に転覆してから
一気に戻す!
DSC_2642

DSC_2643

DSC_2647
前から乗り込み
DSC_2653
最後に舵取りが乗り込む!
DSC_2660

DSC_2661

DSC_2662
応援する東一組はトップで折り返し!
DSC_2675
最後の転覆
DSC_2679

DSC_2680

DSC_2682
せーのー!
DSC_2684

DSC_2685

DSC_2687

DSC_2692
ラストスパート!
DSC_2701
行けー!あとひと息じゃー!
DSC_2706
よっしゃー!やったでー!
DSC_2708
おめでとう!
DSC_2715
みんないい顔してるぜ^^
DSC_2719
応援してくれた先輩と堅い握手し
DSC_2727
観客の前を凱旋
DSC_2733
そして島に夏がやって来た。
DSC_2615
    mixiチェック

1日の終わり
DSC_2204
西の空に見られた光景
DSC_2220

DSC_2252

DSC_2396

DSC_2398

DSC_2409

DSC_2389

DSC_2461
猛烈なスコールを伴って移動する
巨大な積乱雲
DSC_2228

DSC_2208

DSC_2319
水平線の遥か彼方にも
DSC_2235

DSC_2223

DSC_2379

DSC_2181_01
トビウオ?
DSC_2438
タツノオトシゴ?
DSC_2414
黄金色の水面
DSC_2202

DSC_2392
そして、コレが見たくて毎日西の空を眺めた。
グリーンフラッシュ
昨夏、島で初めて見て以来ずっと狙ってた。
それが見れる条件
ゞ気が澄ん出る事
⊃緤神に雲が無い事
この日は特に澄んでた。
DSC_2340
少し雲が見られるが水平線には無いようだ。
DSC_2341
一度雲に隠れた太陽が
DSC_2344
雲の下から顔を出し
DSC_2346
ゆっくりと
DSC_2349
沈んでいく
DSC_2350
水平線に吸い込まれていく太陽
DSC_2351
あと少し
DSC_2353
1日が終わりを告げる最後の瞬間
DSC_2354
出た!グリーンフラッシュだ!
DSC_2368
写真では伝わりにくいが
肉眼では
ボワン!って感じで水平線に瞬く
DSC_2368_01
ゆれる船の上から一瞬をとらえるのは難しい・・・
次は動画に挑戦だな。

    mixiチェック

俺は晴れ男です。
今回も海は航海初日から
こんな感じで
IMG_4418
こんな感じ
IMG_4426
海も空も澄んでるため陽射しは強烈
こんな涼しげな光景の日は
IMG_4462
風もなく強烈な暑さ。
IMG_4475
ダイバーで良かった^^
IMG_4463
水温は30度前後
IMG_4454
水中でも汗ばむほどだが
景色はやっぱ涼しげ
IMG_4509
見上げれば流れ行く雲(注;コレ水中ですよ。)
IMG_4633
強烈な陽射し
IMG_4591
洞窟の奥深く
IMG_4630
魚たちも日陰で涼んでます。
IMG_4667
海はいいよねぇ。
DSC_2327
    mixiチェック

お久しぶりです!
文明社会に帰ってきました。
今回も何回か釣りができたのでその話から。

某日
外洋生活数日目
船上で作業中、何気なく海を眺めると・・・
DSC_2302
ん?
DSC_2299
ん?
DSC_2304
うぉーーー!
マグロじゃーーー!

DSC_2297
作業中、船のまわりをポンポン飛び回るマグロ。
速攻で仕事を終わらせ、ロッドを取り出すが
ナブラはすでに小康状態・・・
唯一用意してあったジグをシャクってみるが
1回目は見事に玉砕(涙

翌日、夕方。
ちょっと上を探ってみようと
オシアペンシルSSを潮(激流)に乗せ流す
スルスルスルーと潮に乗せてある程度流した後
アクション開始。
ゴン!
すぐにアタックがあるが乗らない。
そのままアクションを続けると。
ゴン!ゴン!
ヨッシャー!
ゴリゴリ寄せて上がってきたのは
1kg程のカツオ。
続いて同じようにやると
ガン!
おっしゃ今度はデカいよー。
フッ・・・
クッソー!バレたー。

めげずにそのままアクションを加えると。
ガツン!
おっしゃ、今度は逃がさんぞ。
シュシュシュシュシュシュシューーーー!

一気にラインを引き出していく魚。
マグロ来たよー!
何度目かの走りをくらったあと
強引に寄せにかかる。
無題
格闘10分。
上がってきたのは
IMG_4530
13kgのキハダマグロ
IMG_4529

3回目
夕食後、やってみるが
この日は生命反応、全く無く
諦めかけて100mほどジグを落とし
シャクッてくると
ゴン!
ヨッシャ来たよー!

先日の1本で扱いも慣れてきた。
5分ほど上がってきたのは先日と同サイズIMG_4559
お腹、ダルマザメにかじられた^^;
IMG_4558
キハダ13kg
IMG_4557

4回目
この日は絶好調!
1投目30mほどジグを落としたところで
ゴン!
合わせるがのらず、そのまま100m落として
シャクると。
ゴン!
1投目から13kgを確保。
こりゃ、入れ食いか?と思ったがそんなに甘くない^^;
だだっ広い外洋。ジグでシャクってるとすぐに飽きるので
ここはアピールじゃー!と
オシアペンシル18Fを投入
ジョボボボ〜ン
ジョボボボ〜ン

ダイビングを繰り返すと。
ドン!
ヨッシャー!

ちょっと軽めだがまぁまぁの重量感。
上がってきたのは10kg程の魚体
一瞬クロマグロかと思うほど巨大なカツオ。

カツオってこんなデカくなるんだ。
残念ながら写真を撮る前に解体^^;

その後、2kgほどのキハダを追加し
気分転換にジグを投入。
いつものように100mほど落としてシャクリ始めるとすぐに
ドン!
ヨッシャー!

ちょっとだけ記録更新14kg^^
IMG_4599
5回目
この日はあちこちでナブラが見られる。
まずはローテッド140Fを投入。
カッパーン!
3kg程のキハダが元気よくアタック。

続いて小物を避ける為にオシペン180Fを投入
鏡の様な水面を激しく叩くようにアクションを加える。

ルアーの斜め前方でいいサイズのマグロが
ポーンと飛んだ。
来るぞぉ
来るぞぉ
ドッパーーーン!
激しい水柱を上げルアーをひったくるように持ってくマグロ。
シュシュシュシュシュシューーー!
一気に走る
間が悪いことに船が位置修正のため小移動を開始する。

マグロと船が逆に走る為、引き出されたラインはあっという間に100m・・・
船が停止し、寄せに入るが今までとは重量感が違う
ゆっくりゆっくり寄せるが何度もラインを引き出される。

しばらくすると船の真下に潜り込み下へ下へと抵抗を続ける
ライン擦れを気にしながら慎重に寄せる。
それにしても重い。
格闘数分
上がってきたのは
IMG_4620
今回最大魚 記録更新17kg^^V
IMG_4623
たった、3kgだが重量感は別物だった^^

そして釣り師の特権
マグロの心臓
IMG_4626
まだ動いてる心臓にポン酢をかけ頂く。
メチャメチャ甘い^^!

前回のタックルは
PE3号35lbにリーダー80lbに対し
今回は
PE4号64lbにリーダー150lb
安心してやり取りができたが
何本もマグロを上げると
ノット部は完全に締め付けられ、見たことないテカリ
IMG_4627
リーダーの頭ちぎれそう^^;
オーシャンスナップ06も強引に寄せると(左端が正常)
IMG_4668
マグロパワー恐るべし^^
    mixiチェック

このページのトップヘ