It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

2012年06月

ハイサイ!
多良間から帰ってきました。

多良間は石垣の北西35kmにあり
空気が澄んだ日には石垣の最北端平久保崎からも
見ることもできる
東西約6km・南北約4.3kmの小さな離島
とても近いのだが石垣からの交通手段は無く

まず石垣から39人乗りの小型プロペラ機で多良間を飛び越え宮古へ25分
IMG_0214
宮古で降りて、宮古島まもるくん夫妻?に挨拶をし
IMG_0306
再度、ロックフェスタの観光客でごった返す宮古島空港の
手荷物検査場を抜け多良間行きへ乗りかえ
IMG_0216

・・・って、同じ飛行機かい!

で、15分
IMG_0218
預けた荷物はトラックでダイレクト
IMG_0219
入口から離島感満載です^^

宿泊先近くのビーチではハマユウ越しの朝陽
IMG_0228
今回の仕事での出発港内は
サバニが浮かび
IMG_0233
港内の透明度は石垣の比ではない
IMG_0234
黒く見えるのはアマモという海草で
これが生えてるってことは
常に透明度が良い証拠。
港の両サイドには極上のビーチ
IMG_0241
もちろん夕陽も極上
IMG_0244
ルアーを投げるとイシミーバイ(カンモンハタ)が面白いように釣れ
IMG_0246
仕事で来た事を忘れてしまう
IMG_0249
今日は夕方の飛行機だったので
暇つぶしに島内散策
西海岸へ行くと
ここにも400年前の大津波の爪痕
津波石が
IMG_0265
潮が引いた海岸にはケーブル用に掘ったのか
沖へ向かって一直線の道
IMG_0266
次にビーチを切り上げて
八重山遠見台へ
IMG_0290
右の石積みが昔、沖合を通過する船舶を見張っていた遠見台
左が現在の観光用
上から島の北側、沖合に水納島が見える
IMG_0276
南部はキビ畑
IMG_0277
集落はコレだけののどかな島です。
IMG_0279
何も無いけどまた来たくなる
多良間は近くて遠いそんな島でした。
IMG_0308

しばらく多良間島へ出張です。

ロッドにリールそしてルアー
準備OK^^
IMG_0211
出発直前にTELが入り
ミスド買って来い指令。
一便遅らせて買いに走る^^;

俺はジャンキーなものあまり食べないので分からないが
離島へのお土産ってこういうの意外と喜ばれる^^
IMG_0212
しかし、チェーン店ってホント融通きかない・・・
店員のネェネェに
値段はいいから箱に入るだけ美味しい人気者を入れてと頼んだのだが
店長見たいのなのがしゃしゃり出てきて
「この箱は10個1000円パックしかございません!」と
マニュアルどおり?しか動こうとせん・・・

客が値段はええって言っとるんじゃけぇ
高いの詰めりゃぁ売り上げも上がるのにねぇ・・・

まぁ、ええわ。

ほいじゃぁ、行ってきます!

今日は旧暦5月の4日。ユッカヌヒー
島に夏の到来を告げる海神祭、ハーリーの日です。

IMG_0205


石垣のハーリーは那覇ハーリーの4倍の距離を競う
ハードな祭り。

祭りの熱気と強烈な陽射し、そしてサウナのような湿度でクソ暑いので
一番好きな転覆ハーリーだけ見に行ってきました。

そろそろかなぁと思い会場に着くと
ドンピシャ^^

熱いレースの始まりです。

IMG_0187

片道800mの距離まずは一往復

IMG_0191

各チーム応援にも熱が入ります。

IMG_0192

そしていよいよメインの転覆

まず、全員で爬龍船を転覆させ

IMG_0195

立ち泳ぎ状態で船体を持ち上げ
一気に元に戻し
IMG_0196

素早く乗り込み再び漕ぐ!

最後尾の海人が乗り込んだ時にはもう前に進んでます。
(写真の最後尾に注目^^)

IMG_0197

今年は知り合いの海人チームが見事優勝^^

タフな海人たちも、さすがに疲労困憊でした^^

IMG_0202

そして今日は沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされる
「慰霊の日」
転覆ハーリー終了後
12:00
港に停泊中の船舶が一斉に汽笛を鳴らしたのを合図に
会場全員で黙祷を捧げました。

IMG_0183

たぶん、島は梅雨明けしました。

先週末から立て続けの台風&豪雨
やっと海も落ち着いてきた。

さっさと仕事を切り上げて行こうと
昼休憩もとらず何とか終了。
上げ潮の時合にギリギリ間に合った^^

前から気になってたポイントへ
射程距離ギリギリのところで
ベイトフィッシュがピョンピョン跳ねてる。

Cプロップをフルキャストーーー!

1投目 スカ
2投目 ダメ
3投目

ジョボン!
ジュッ!
ジュロロロローー
ジュロロロ・・・

パッカーーーン!

オッシャー!
久々のナイスバイト^^

シュッシュッシュシュシュシュシーーーー

緩めのドラグを引き出しながらのジグザグ走行
間違いなくガーラーだ。

走るのを止め、鉛の抵抗に入ったガーラーを
ここ何回か強引に行きすぎてフックを伸ばしているので
慎重にゆっくりと引きよせる。

手前10mまで寄せたとき

こちらに向かって
海面を盛り上げながら突進してくる魚体

バッコーーーン!

メーターオーバーのガーラ・・・
ファイトしてる魚の横で暴力的ボイル・・・

お前が掛かってくれよ・・・

気を取り直してランディングしたガーラーは
50cmジャストまぁまぁサイズ^^
IMG_0174


この後、移動しながら40cm弱のガーラを追加し

ジャックのポイントへ

豪雨の影響で結構濁ってる・・・
スーパースプークJrの
フロッグカラーを投入

ゲロゲーロ・ゲロゲーロ
ゲロゲーロ・ゲ・・・

ボッシュ!

今日はここまで^^
IMG_0175






今日の島の最高気温は32度!
最低気温も28度!
あっつい!

海から帰って冷たいシャワーを浴びようと
蛇口をひねるが水は出てこない・・・
お湯です・・・

家は暑いので夕涼みがてらまた海へ^^
海風を感じながら膝まで水に浸かり
お目当てのポイントへ
まずはスーパーザラスプークjrをフルキャストーーー!

ジョボン!
カラーン・コローン
カラーン・コロ・・・

ボワフッ!

乗らない

カラーン・コローン
カ・・・

ドッパーーーン!

オッシャ、1投目からヒットーー^^V

ギュィーーーーー

ピタッ

あれ?バレタ?

いや、ついとる。

竿がゴツイので余裕で上がってきたのは
40cm程のマングローブジャック
IMG_0123
続いて2投目!
ウリャーーー!

ジョボン!
カラーン

ボワン!

のらん

カラーン・コローン
カラーン

バッホーーン!

ヨッシャァ!2投連続!

ギューーーーーーー

ピタッ・・・

またか

同じサイズのジャック
それにしても
コイツの口はフィッシュイーターそのものじゃ
大きな口に
IMG_0124
プラス牙
IMG_0124-1
ルアー呑まれたらヤバイな^^;

そして3投目!

ボワン!

くぅ・・・
さすがに見切ったか^^;

ルアーをブガチョフコブラに変えて4投目
クイッ、クイッ、クイッ
クイー
ルアーが波間にダイブした瞬間

ドンッ!

さっきまでとは明らかに違う重量級のアタック!

ギューーーーーーーーーン!

根へ逃げ込もうとするのを
強引に止めると反転
砂地の方へ向いてくれた

ズンッ、ズンッ、ズンッ、ズンッ・・・

まるで岩が泳いでるような重量感

強引に寄せようとするが
全く寄らない
こりゃぁデカいぞ^^
こっち向け!
と DEFI BAHN のトルクでで引き寄せようとした瞬間

フッ・・・






・・・




マジかーーー涙

フックが伸びた><

ちょっと強引過ぎた・・・

フックはいいとして
ほぼ無傷だったルアーは・・・
無残・・・
IMG_0128
反対側も・・・
IMG_0127
デカいマングローブジャックかアカナー(バラフエダイ)じゃな・・・
次は獲ったる!

このページのトップヘ