It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

2010年06月

6月も半ばを過ぎ、一年で一番忙しい季節がやってきた。

梅雨明けして一週間。

太平洋高気圧の頑張りが足りないおかげで

島はイマイチな夏を迎えています。

それでも最低気温は28度

夜の湿度は晴れてても90%オーバーと

亜熱帯が本領を発揮してます。

蒸し暑い夏はやっぱ海!



水温はもうすぐ28度。

やっと寒さを感じなくなった。

この時期の海はどこもかしこもベビーラッシュ!

数万匹の稚魚たちが1箇所にひしめき合うさまは圧巻です。



この中にはグルクンの稚魚も混ざっており

から揚げにすると最高!

こいつ等を食べて太ったカツオも最高!

後はカッキーンとした青空を待つのみです。

島は昨夕から物凄い豪雨。

時折雷もなり夏が近いことを物語っている。

海の中でもイナズマガイ(ウコンハネガイ)が

碧いイナズマを光らせている。



稲妻が遠のき、雲の切れ間から差し込んでくる日差しは

夏のパワーを持って島を照らします。



今年の梅雨は涼しかった分、夏本番が怖い・・・。



広い海にはいろんなものが捨てられたり放置されたりする。

漁師の網や仕掛けもそう・・・。

島の海で一番見かけるのは仕掛け籠。

直径3mほどの円形で上面の中心に入り口があるタイプ

上から見るとドーナツのように見える。

エサに釣られて入ったら最後二度と出られない。

金属製なので時間がたてば朽ちていくが

その過程で『ゴーストフィッシング』が繰り返される・・・。

・エサが入ったまま放置

・エサにつられ魚が入る

・中に入った魚はエサがなくなると餓死

・その死体につられ別の魚やカニが入る

・餓死

・つられて入る

・餓死・・・・・・

と仕掛けが朽ち果てるまで繰り返される・・・・

コレは1.5mほどのイヌザメ。



ヤドカリの殻がたくさんあった為、そいつらを食って生き延びてたようだが

残りは1匹・・・。

次は自分がエサとなる番・・・。

金属の仕掛けは錆付いて道具無しでは、開けることも出来ない。

こんなことが世界中の海で起こってます。

最近、草食系男子が増えているとTVでよくやっているが

学生時代からの仲間や先輩にそれに該当する男子は居ない

彼らは肉食系を通り越して野獣系だ・・・。

自分も彼らの影響で肉食系だ。

その証拠?に、

嫁は

「女友達」の

「ともだち」の

「妹」の

「友達」

とかなり積極的に掘り進んだ。

今日は海の中で肉食系男子にお会いした。

コイツらは「シマキンチャクフグ」



求愛中ではありません。

手前のメスをめぐって闘争中。



彼らはメスが愛想尽かしても闘いを続けました。



男子はつらいね。

このページのトップヘ