It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

2009年10月

今日の石垣はどんより。

時折、陽が差すものの雨もパラパラ・・・。

3年前、貨客船飛龍から見た空も同じだった。



2006年10月25日

島用に購入した新しい相棒「エブリィ」に

詰め込めるだけ荷物を積んで広島を出発。

一路、大阪へ。



10月26日0:50、南港から飛竜21に乗り込み



那覇へ向け出港



遠くにWTC(ワールドトレードセンター)ビルが見えた。。

20代前半、このビルの鉄骨を呉の鉄鋼会社から搬送する仕事を

請け負ってた頃を、ふと思い出す。

あの頃は毎日が退屈で単調な日々だった。



同日の夕方、高校の修学旅行で訪れた種子島・屋久島を通過。

屋久島に沈む夕陽が幻想的だった。



10月27日、8:00那覇、泊港に到着。

貨物載せ替えの為、一旦船を降ろされる。

次の出港は20:00。

コザの照屋正雄さんの店へ引越し記念の三線を買いに行く。



正雄さんあの時教わった「チョンチョンキジムナー」

なんとか轢きながら歌えるようになりましたよ。

10月28日早朝。平良港(宮古島)に到着。

ここで飛龍21を下船。

ここでは西表の研究所時代の知人に10数年ぶりに再会。

釣り連れてってもらう。



その日の夕方、伊良部へ渡る。



10月29日はのんびり観光。

下地の訓練飛行場に



通り池



400年前の大津波で海から打ちあがった津波石。



伊良部港



島を出る頃には海が時化てきた。



10月30日。宮古・東平安名崎。



海はけっこう時化てた。



それにしてもSな川さんは相変わらず。



KGワラさんはちょっと大人になってた。

そして、10月31日早朝、平良港から飛龍に乗り込む。

広島を出て1週間。石垣へ到着!



あれから3年。あっという間だった。

飛龍・飛龍21は有村海運の倒産で姿を消したが

夢は消えない。

史上最高の癒し系プチリゾート(小っちゃい民宿)着工は目前!

これからが本番!

草刈しなきゃ!



ガイドをしながら時々チェックする場所がある

それは、『タカラガイ』の貝殻が落ちてる場所

昨日のマンタの後のダイビングで何気なく覗いたいつもの場所

奴はそこに転がってました。

日本産タカラガイでは最大種

『ムラクモダカラ』



91年、西表での卒研でダイビングを始めて以来

19年間で3つ目。前の2個は91年と92年に西表で拾った。

石垣では初めて。

タカラガイの貝殻は死んで暫くすると表面のエナメル質が白濁し

その後は石灰質が変質するか海底を転がるうちに磨耗されるので

キレイなモノを拾うのは運。

カニ等に割られた殻を1度、目撃してたので

居るのはわかってたが昼間、生貝を見ることはまずない。

こんなデカイ図体で何処に隠れてるんだろう・・・・。

ちなみにコレまで集めた殆どの物は島に来るとき

竹富の先輩のお店の展示用に貸し出してある。

(すでにボンドで貼っ付けてあるが・・・)



自分で集めたと客には言ってるようだが

タカラガイの殆どはワシんじゃぁ〜^^!(※ワシん=私の)

竹富に行ったら是非!

1点モノの貝のアクセやTシャツはセンス抜群です。



竹富島 アイランド

西桟橋手前外周道路沿い

ちっちゃいサルみたいなオジサンが目印



今日はマンタスクランブル。

久々にカメラを持って入ってみた。

こういうとき、日ごろの行いが良いと得をする。

ウィーン



ウィーン



ドーン!



ドーン!入りきらん!



ドドドドーン!
近すぎ!入らん!・



マンタ7枚!
やっぱワイド1眼欲しい・・・。



日ごろの行いです。





マングローブ域でカヌーガイドをしているときに

『シレナシジミ』という、殻が拳ほどの大きさになる

巨大なシジミの話をすると

必ず聞かれるのは「美味しいか?」だ。

中身が非常に小さく

食用になることは知っていて

数年前「探偵ナイトスクープ」で

ジミーちゃんが西表で泥も吐かさずに食べ

「オェッ!」と言ってたのは見たが

実際食べたことはなかった。

昨夜、知人がやってる

「シュリンパー」へ行ったところ生簀の中に居るのを発見!

早速注文してみた。

酒蒸し



身は固めで他の貝類とは食感がちと違う

決して不味くはない

が・・・

美味くもない。

というのが感想。

ちなみに殻に入ってるのは

1個分ではなく5個分

殻のわりに中身が想像以上に小さい・・・。

島の貝はやっぱギーラ(シャコガイ)が美味い。

しかもトーフ(肝)!



美味いっす!

そして、今、シュリンパーお勧めNo.1はコレ



石垣牛の握り!

肉はあまり食べないが

コレは美味い!

満腹状態でも食っちゃいます!

「シュリンパー」

石垣来たときは是非!

このページのトップヘ