It's my life! 石垣島

石垣島でのルアー&夕陽

何年ぶりかな?
パナリに行ってきました。
DSC_1029
残念ながら港の前の綺麗なサンゴは
IMG_2961
この夏の白化でほぼ壊滅・・・
DSC_1027
DSC_1033
集落内はどことなく網取に似てる
DSC_1050
ほぼ八重山にしか居ない
オオナキオカヤドカリ
DSC_1057_01
 白い鳥
DSC_1073
 DSC_1075
ヤギむらベェ太郎
DSC_1081
 DSC_1077
DSC_1078
島人の足は払い下げのゴルフカート^^
DSC_1097
 

ここんとこ、台風ラッシュ
台風接近前日、今月中にどうしてもやってしまいたいお仕事で
閉じ込め覚悟の竹富島^^; 
台風時、離島の宿は普通、お客を断るのですが
前もって予約してあったのと、仕事ということで
マキ荘さんが特別に滞在させてくれました^^
DSC_0194
誰も居ないメインストリート
DSC_0201
普段観光客が長い列をつくる、なごみの塔
DSC_0200
・・・って
DSC_0195
封鎖されとるやんけー!
もう、何年も前から朽ちてきてる感満載じゃったが
とうとうその日が来たか・・・。
今夜は晴れの予報なんで、
なごみの塔の上から夜の集落を撮ろうと三脚持参したのに^^; 
DSC_0996
 晩飯食って夜のお仕事中
道ばたで出逢ったヤシガニ
DSC_0210
卵抱えてるの初めて見た。
IMG_0634
 ちなみにヤシガニ食ってませんよ。
そんなに旨いと思わないし^^;
一夜明け、どんよりな島
朝から船も全便欠航
DSC_1012
名物水牛車は互いに縛りあい、最後は重機と
DSC_1020
水牛もどこか安全な場所に 避難
台風去るまですること無いんで
昼間から飲む^^
DSC_0207
翌日は予想外の暴風域に入り
5分程度、2回の停電にあうもすぐに復活
夕方、暴風警報が解除され
DSC_0208
翌朝、離島での軟禁生活から我が家へ帰ると
案の定、車は潮まみれ(>_<)
DSC_0212

 

かなり久しぶり...
というか20年ぶりかな
最果ての島、波照間へ行ってきました。IMG_0607
 石垣から1時間と、近距離にありながら
行きそびれてました^^;
ちょっと遠くなった空の下
DSC_0192
墓守のヤギだメイさんに挨拶^^
DSC_0191
この島の海岸線は南北で違う表情を見せます。
北海岸はニシ浜に代表されるように遠浅で
砂地が多い地形。
IMG_0633
一方、南海岸はゴツゴツした石灰岩がつづき
DSC_0158
DSC_0164
断崖絶壁
IMG_0618
釣れそう^^
IMG_0619
最南端の碑
DSC_0163
 付近には全国の石が埋め込まれており、地元の石も^^
DSC_0160
 台風の時はダイレクトに波が当るため、こんな巨木も
DSC_0159
夜になるとヤシガニも
 IMG_0621
次回は一眼とロッドを持ってくるかな^^

カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たしました。
このブログをある程度読んでる方は薄々気付いてたと思いますが
そうです、わたすは広島人です。
物心がついた頃には
ブルペンを挟んで三塁側の阪神ファンとビールを投げ合い
ホームランボールを巡って本気で殴り合う、
そんな大人たちのいる市民球場へカープファンだった親父に連れられ
誰が飲んだかわからないビールの紙コップを拾ってきて
メガホン代わりに応援した。
カープファンという雑誌に載ったこともあった。
実の父親に向かって、
「父ちゃんが山本浩二じゃったら良かったのに」
と、子供ながら、惨いことを言った事もあった。
江夏の21球に子供ながらに感動した。
とはいえ、最後に市民球場へ行ったのは
高校時代、授業をサボって日本シリーズ西武戦を観に行ったのが最後・・・。
島に越してからはTV中継もないので、今年もカープ弱いのう・・・と思う程度の情報のみ。
マジックが点灯して今年は優勝するかも?となっても、子供の頃のような興奮は感じなかった。
ところが昨夜、M1、これで勝ったら優勝という試合が偶然にも島で放映。
14224795_1060758604005953_6390528808952995321_n
25年ぶりの優勝が決まった瞬間
13726625_1062444783837335_4593814365794551051_n_01
黒田、新井が抱き合い男泣きした瞬間
14292333_1062462210502259_2603831306402990729_n_01
広島人の血が騒ぐというか
ホンマ心がふるえた。
やっぱ広島人はどこに居っても広島人
カープとお好みソースが体の奥底まで染みとるようじゃ^^



 

この夏は台風が一つも来ないのもあって
水温がうなぎ上り
サンゴの白化が激しい
IMG_0585
 でもね、全滅はしないんだなコレが。
IMG_0584-1_01
こんなに白化してる中でも、平然としてるやつが必ず居るし、
すんでの所で復活するやつも居る。
IMG_0593_01
人間社会と一緒で打たれ強いやつがいっぱい居る。
 IMG_8320
美しい大群落は無くなってしまうけど
いつの日か蘇るその日まで
人間が環境を汚さないようにしないとね。 

あっという間に9月
久々の更新です。

一昔前のお土産の定番
星の砂
生きてる状態では波に飛ばされないように
こんな風に海底の藻に体を絡めて固定してます。
IMG_0556-1
こっちは太陽の砂
IMG_0559-1
八重山の海ではあちらこちらで見ることができます。
 

今年はサメが多いような気がする。
今日も一発狙いでビッグベイトをキャストしてると・・・。
ガツンッ!
ゴボボボボボボーーーン!!
ゴボボボボボボーーーン!!
ゴボボボボボボーーーン!!

ヒット同時にジャンプを繰り返すサメ
強烈なトルクで何度かのされそうになる。
上がってきたのは82cmのツマグロ
今日はアート風に^^
IMG_0551
続いてキャストし続けると
ガンッ!
ンギュギュギュギュギューー!

強烈な下への突っ込み。
一瞬GTかと思うほどのトルク。
結構手こずって上がってきたのは
先ほどよりサイズアップ。90cmジャスト
IMG_0552
このままじゃ親玉クラスが来そうなんで
今日は退散^^;
 

今日はクエちゃんと遠足
波が上がって来る予報なんで
風裏の静かなリーフへ
まずはいつものとおりトップから
ペンシルベイトのスーパージャークで誘ってみると
パッカーーーン!
ちっちぇえ・・・
アメリカ―(アミメフエダイ)のボッテリした個体が
13cmのペンシルにガッツリヒット。
写真を撮ろうとしたら
プルプルッ
ちゃぽんっ!
・・・

安物のフィッシュグリップからオートリリース^^;
続いてペニーサックを投入
コンッ!
更にサイズダウン・・・
ルアーとほぼ同サイズのイシミーバイ(カンモンハタ)^^;
IMG_0545
 う〜んこりゃあかん
ルアーを21cmのミノーにサイズアップ
うぉりゃーーーー!
ジョボンッ!
グリグリグリグリグリ・・・

ゴンッ!
リーフ際でヒットしたんで
久々投入レクサ鬼巻からのFOKEETのパワーリフティングで 
問答無用で回収^^
アオノメハタ
IMG_0547
 そんな小物地獄を味わっている俺から遥か遠く
一人自慰行為にふけっているクエちゃんを
何気な〜く眺めてみると
・・・
・・・
なんか大暴れしてる・・・
とうとう・・・
逝ってしまわれたか・・・
南無・・・

と憐れみの目で眺めていると
物凄い勢いで岸に向かってる
その横ではなんか激しい水しぶき
あれ?
魚か?

ここはカメラマンとして恩を売っておかなっければ!
と、こちらも現場へ急行!
発狂してたんじゃなくて、コイツと格闘してたのね^^;
カスミアジ5kg
やるねえ、変態釣り師^^

IMG_0550のコピー

 

毎日クソ暑い島
夕方ほぼ日が沈みかけてから
豊年祭に行ってきた。
DSC_0776
現地に着くと真乙姥(まいつば)御獄の奉納芸能もすっかり終わり
 DSC_0788
西側の会場へそれぞれの字の旗竿が
さぁーさぁーさぁーさぁーの掛け声とともに移動を終えるところ
DSC_0797
旗竿の移動も終わり
八重山農林高校生徒たちによるの芸能
DSC_0835
小さな子供たちも一生懸命
DSC_0863
そしてクライマックス
ツナヌミン、東西から武者「牛若丸と弁慶」が現れる
DSC_0885
 DSC_0911
DSC_0916
そして最後の大綱引き!
大汗かいて綱引いてたんで写真は無い^^
今年は西が勝った。
ネット調べたら西が勝と世果報らしい。
DSC_0931
島の夏はまだまだ続く
DSC_0923


このページのトップヘ